弊社のウェブページの改善のためにクッキーを使用しています。弊社のクッキーポリシーをお読みください。

オンライン ヘルプ

ボリューム

注: この機能は、使用している NAS によって異なることがあります。

NAS のストレージスペースは論理ボリュームからなり、シングルディスクまたはシングルディスクが結合された複数のディスクで構成されています。 ここで、NAS に対して新規ストレージスペースをセットアップし、データ保護のニーズに従って、もっとも適切な RAID レベルを選択することができます。 データの整合性を維持するために、NAS に対してストレージスペースを作成しているときのみ内部ディスクを使用できます。 ADM では、ストレージスペースとして外部ディスクを使用できません。



注意: 採用する RAID レベルは、NAS 製品モデルと使用しているディスクの数によって異なります。

ADM での新規ストレージスペースのセットアップには、次の2つのオプションを使用できます。



  • Quick Setup(クイックセットアップ): 必要な作業は、ストレージスペースの要件の指定のみです(高いレベルのデータ保護を行う場合など)。 これと、使用しているディスク数に基づき、ADM はストレージボリュームを自動的に作成し、そのボリュームに対して適切な RAID レベルを選択します。

  • Advanced Setup(拡張セットアップ): ディスクの現在の数に基づき、RAID レベルを手動で選択したり予備のディスクをセットアップできます。

注意: スペース利用を最適化するには、ストレージスペースの作成時に同じサイズのディスクを使用するようにお勧めします。


  • RAID Scrubbing: RAID Scrubbing 機能は、RAID 5、RAID 6 のデータの完全性および一致性を検出できます。この機能を定期的に使用することにより、データの完全性の確認および不一致の修復に役立てることができます。修復できない問題を発見した場合にも、問題のある HDD を素早く見つけて直ちに警告を発し、予測不可能なリスクに早期に対応することができます。

    システムがシャットダウンした場合、RAID Scrubbing が停止します。

  • SSD キャッシュ管理: 従来のHDDは速度面で SSD に及びませんが、その容量および耐久性は SSD よりも優れています。SSD と従来の HDD の長所を同時に兼ね備えるための最良の方法が、SSD キャッシュドライブの使用です。SSDキャッシュ化機能により、HDD において頻繁にアクセスを行うフィルデータが SSD キャッシュドライブに保存され、ユーザーによるデータアクセス速度と転送機能が向上します。

    ASUSTOR NAS* は、読み込み専用キャッシュと読み書きキャッシュの2つのモードをサポートしており、インストールウィザードに従って設定するだけで、手軽にストレージにアクセスでき、機能的に最高のバランスと配置を手に入れられます。

  • 読み込み専用モード:1~4 つの SSD をサポートし、RAID 0 モードをデフォルトして使用します。読み込み専用 SSD キャッシュのデータは、ストレージからコピーされたものであるため、SSD が読み込みできない場合や、SSD キャッシュドライブを取り出した場合も、ストレージ上のデータが失われることはありません。

  • 読み書きモード:2~4 つの SSD をサポートしています。2 つの SSD は RAID 1 を、3 つの SSD は RAID 5 を、4 つの SSD は RAID 10 を使用します。SSD の 1 つが読み込みできない場合や、自ら SSD キャッシュドライブを取り出した場合、ADM が自動的に SSD キャッシュ機能を無効にしてデータを SSD キャッシュからストレージに書き戻します。データの書き戻しが完了した後にデータが失われることがありません。


    * サポートモデル:AS31 / 50分の32/61分の51/63分の62/70分の 64 シリーズ

注: SSD キャッシュドライブをストレージに搭載すると、そのストレージと関係のあるすべてのサービスが自動的に一時停止します。そのため、多くのサービスやアプリケーションソフトが当該ストレージで実行されている場合、SSD キャッシュドライブの搭載に長い時間を要します。

RAID について

最適のストレージスペース利用とデータ保護を実現するために、ADM では複数の RAID レベルをサポートしてニーズの適切なレベルを選択することができます。 ADM では次のすべてのボリュームタイプがサポートされています。

非 RAID のボリュームタイプ

  • シングル: ストレージスペースの作成では、シングルディスクのみを使用します。 この構成では、データ保護はできません。

  • JBOD: 「just a bunch of disks (単なるディスクの束)」の略語である JBOD では 2 つ以上のディスクを組み合わせ、ストレージ領域を作成します。 合計のストレージ容量は、組み合わされているすべてのディスクの容量です。 この構成のメリットは、異なるサイズのディスクを一緒に使用して大容量のストレージスペースを提供できることです。 デメリットは、データ保護ができないという点です。

RAID のボリュームタイプ

  • RAID 0: 2 台以上のディスクの組み合わせを使用して、ストレージスペースを作成します。 合計のストレージ容量は、組み合わされているすべてのディスクの容量です。 この構成のメリットは、異なるサイズのディスクを一緒に使用して大容量のストレージスペースを提供できることです。 また、RAID 0 ボリュームのデータには並列でアクセスできるので、パフォーマンスが改善されます。 デメリットは、RAID 0 ではデータ保護ができないという点です。

  • RAID 1: RAID 1 では、データは2台のディスクに同じように書き込まれ、「ミラーセット」を作成できます。 常に、2 台のディスクにまったく同じデータが保存されます。 RAID 1 では、一方のディスクが故障した場合でもデータが損失しないよう保護できます。 RAID 1 の利点は、データの冗長性によりデータを保護できることです。 この構成のデメリットは、異なるサイズの 2 台のディスクを結合する場合、合計のストレージ容量が小さい方のディスクのサイズと同じになるという点です。 従って、大きい方のディスクの一部が使用できなくなります。


    使用可能な総ストレージ容量 = (小さい方のディスクのサイズ) * (1)


  • RAID 5: 3 台以上のディスクを組み合わせて、故障したディスクの1台をサポートできるストレージスペースを作成します。 ディスクの1台が故障した場合でも、データは損失から保護されます。 ディスクが故障した場合、故障したディスクを新しいディスクと交換します。 新しいディスクは自動的に RAID 5 構成になります。 RAID 5 を使用する利点は、データの冗長性を通してデータを保護できる点です。 RAID 5 のデメリットは、異なるサイズの2つのディスクを結合するとき、合計のストレージ容量がっもっとも小さいディスクのサイズに基づいて計算されるという点です。


    使用可能な総ストレージ容量 = (もっとも小さいディスクのサイズ) * (ディスクの合計数 – 1)


  • RAID 6: 4 台以上のディスクを組み合わせて、故障した2台ディスクをサポートできるストレージ容量を作成します。 ディスクの 2 台が故障した場合でも、データは損失から保護されます。 ディスクが故障した場合、故障したディスクを新しいディスクと交換します。 新しいディスクは自動的に RAID 6 構成になります。 RAID 6 を使用する利点は、データの冗長性を通してデータを完璧に保護できる点です。 RAID 6 のデメリットは、異なるサイズの 2 つのディスクを結合するとき、合計のストレージ容量がっもっとも小さいディスクのサイズに基づいて計算されるという点です。


    使用可能な総ストレージ容量 = (もっとも小さいディスクのサイズ) * (ディスクの合計数 – 2)


  • RAID 10 (1+0): 4 台以上のディスクを組み合わせて、複数の故障したディスクをサポートできるストレージスペースを作成します(故障したディスクが同じ「ミラーセット」に属していない場合)。 RAID 10 は RAID 1 のデータ保護とRAID 0 のアクセス効率を共に提供します。 データ保護のため、RAID 10 は RAID 1 方式を使用して 2 台のディスクにまったく同じデータを書き込んで、「ミラーセット」を作成します。 これらの「ミラーセット」は結合され、RAID 0 構成になります。 RAID 10 は、4 台以上のディスクを偶数台必要とします。 異なるサイズのディスクを組み合わせる場合、合計のストレージ容量はもっとも小さいディスクのサイズに基づいて計算されます。


    使用可能な総ストレージ容量 = (もっとも小さいディスクのサイズ) * (ディスクの合計数 / 2)

SSD Trim について

SSD トリムを有効にすると、NAS に取り付けられている SSD の読み取り/書き込み性能が安定し、同時に、特定のブロックに上書きする頻度が制御され、SSD の耐用年数が延びます。

注:
  • この機能は、次のモデルでのみ使用可能です: AS-6/50/51/70 シリーズ.

  • シングル、JBOD、RAID 0/1/10 ボリューム構成で SSD を使用するとき、その SSD に対する Trim コマンドが自動的に有効になります。

  • RAID 5 および 6 構成では、TRIM は DZAT (Deterministic Read Zero after TRIM) 対応の SSD でしか有効にできません。DZAT サポートについての詳細は、SSD メーカーにお問い合わせください。


注意:

1.AS-10,20,30 シリーズ-最大シングル ボリュームのサイズ: 16TB

2.ADM2.Xから最新のADM 3.Xにアップグレードするユーザーで、RAID容量拡張動作時に、容量が正しく表示されない場合、ASUSTOR supportまでお問い合わせください。NASパラメータを調整いたします。

参考

NAS 251 – RAIDの概要

NAS 352 – オンライン RAID レベル移行と容量拡張

NAS RAID 計算機:https://www.asustor.com/service/RAID_calculator