弊社のウェブページの改善のためにクッキーを使用しています。弊社のクッキーポリシーをお読みください。

Docker とは?

Docker は、OS レベルの仮想化を使用して、コンテナと呼ばれるパッケージでソフトウェアを実行するためのオープンプラットフォームです。Docker は、基盤となるハードウェアの機能とまったく同じインターフェイスを仮想化し、アプリケーションの構築・配置・実行を迅速に行えます。要するに、ハードウェア環境をシミュレートするソフトウェア環境です。

docker asustor NAS

Docker は、アプリケーションを動作環境と一緒にパッケージ化することで、アプリケーションをすべてのプラットフォームに対応させ、異なるハードウェア間の移動を容易にします。
Docker はアプリをコンテナ内で実行しやすい環境にパッケージ化できるので、Docker がインストールされた環境ならコンテナの実行はどこでも行えます。都度アプリや環境を作り直す必要がなく、ほとんどの種類のハードウェアで動作できます。

docker asustor NAS

新しい仮想化方法として、Docker は従来の仮想化に比べて多くの利点があります。
第一に、軽量であるため、Docker コンテナは非常に素早く起動でき、従来の仮想マシンよりも高速に動作します。次に、Docker はシステムリソースを非常に効率的に使用し、1つのホスト上で数千の Docker コンテナを同時に実行することができます。

docker asustor NAS

Docker のアーキテクチャの紹介

Docker にはいくつかの構成要素があり、以下最も重要な3つの構成要素を紹介します。

Docker イメージ

イメージは、コンテナ内のアプリケーションを起動するために使用されます。Docker イメージの概念は、VM イメージに似ています。VM ではイメージを使って OS を起動し、必要なサービスやドライバーを実行しますが、Docker イメージは単なる読み取り専用のストレージコンポーネントです。

docker asustor NAS

Docker コンテナ

コンテナとは、アプリケーションの実行ファイルのことです。Docker は、アプリケーション実行のための独立した安全な環境を提供し、ホスト上で実行するためのイメージファイルから作成されます。

docker asustor NAS

Docker レジストリ

レジストリは、Docker で作成されたイメージファイルを保存するために使用されます。イメージファイルはレジストリにアップロードして他の人と共有することができます。レジストリには、パブリックとプライベートがあります。一般公開のレジストリは Docker hub にあり、世界中のユーザーがアップロードした基本的なイメージをすべて提供しています。

docker asustor NAS

なぜ Docker を使うべきなのか?

php7 や MySQL などのアプリケーションをインストールするための要件を備えた不慣れな OS を含むサーバーをデプロイすることを想像してみてください。不慣れな環境では、インストールは難しく、時間の無駄になるかもしれません。Docker はこれを単純化し、アプリのインストールをこれまで以上に簡単にします。コンテナ内でアプリケーションを実行するだけでなく、コンテナ自体が追加のシステムリソースを消費しないため、アプリケーションのパフォーマンスを高く保つことができます。一方、従来の仮想マシンではアプリケーションごとに起動する必要があり、システムリソースの使用量が増加する可能性があります。Docker では、必要な数のアプリケーションに対して1つの仮想マシンしか必要ありません。
Docker を使うメリット:

1. ソフトウェアのコンパイルとリリースの高速化

開発者は、標準的なイメージファイルを使用して、一連の開発用コンテナを開発することができます。デプロイ後、保守担当者はデプロイされたコンテナを直接使用してコードをデプロイすることができます。Docker ではコンテナを素早く構築し、アプリケーションを素早く起動することができ、透明性も高いです。これにより、チームのメンバーは、アプリケーションがどのように構築され、どのように動作するかを容易に理解することができます。Docker コンテナは軽くて速いので、開発、テスト、デプロイの時間とコストを大幅に削減できます。

docker asustor NAS

2. デプロイが簡単

標準化されたコマンドを使用して、さまざまなアプリケーションを簡単にデプロイすることができます。

docker asustor NAS

3. より効率的な仮想化

Docker コンテナの実行には、追加の仮想化サポートは必要ありません。ハードウェアレベルの仮想化であるため、パフォーマンスと効率が向上し、リソースを節約しながら各サーバーでより多くのコードを簡単に実行することができます。

docker asustor NAS

4. 優れた拡張性と移行性

Docker コンテナは、物理マシン、仮想マシン、パブリッククラウドサービス、NASデバイスなど、ほとんどすべてのハードウェアプラットフォームで実行可能です。この包括的な互換性により、アプリケーションをあるプラットフォームから別のプラットフォームへ直接移行することができ、管理が容易になります。

docker asustor NAS

Docker コンテナと仮想マシンの違いとは?

一般的に言うと、コンテナは OS レベルで実装された仮想化アプリのようなもので、従来の方法がハードウェアレベルで実装されているのに対し、ローカルホストの OS を直接使用しています。異なる仮想マシンでは、ハードウェアを制御するために、独立した OS が必要となり、より多くのシステムリソースが必要となります。

docker asustor NAS

ASUSTOR NAS では Docker に対応しています。

ADM は、Linux Kernel をベースにした OS で、Docker に対応しています。ASUSTOR NAS のほとんどのモデル*では、 Docker Community Edition (CE) を提供しています。App Central から Docker アプリをダウンロードしてインストールした後、Docker Hub で開発者によって提供されるコンテナをデプロイすることで、ASUSTOR NAS での活用をさらにカスタマイズすることができます。アプリ、サービス、または様々なサーバー機能がサポートされており、ASUSTOR NAS での体験が向上します。

*対応機種:AS10、31、32、40、50、51、61、62、63、64、70、Nimbustor、Lockerstorシリーズ。 注:デプロイ可能なコンテナの種類は、サポートされるプラットフォームによって異なります。ASUSTOR NAS モデルによってハードウェア構成が異まるため、購入する前に互換性を再確認してください。

docker asustor NAS

Docker アプリを管理するための Portainer にも対応しています。

Docker には GUI がないので、Docker を使用するには、Docker のコマンドを理解するか、ドキュメントを参照してイメージをダウンロード、インストール、デプロイする必要があります。Portainer は、コンテナやイメージなどを GUI で管理できる強力なツールです。Docker コマンドに慣れていない方でもPortainer を使用すれば、Web ブラウザで Docker アプリやイメージを直観的に管理することができます。、Portainer を通じて簡単にデプロイすることができます。Portainer を通じで、コマンドを入力する必要がなく、単にイメージをダウンロードしてデプロイするだけです。Portainer は、ユーザーフレンドリーなインターフェースを備えていて使いやすいほか、アプリは同じ設定を保ったまま最新版にアップデートすることもできます。Portainer は ASUSTOR NAS の可能性をほぼ無限に引き出します。

docker asustor NAS