弊社のウェブページの改善のためにクッキーを使用しています。弊社のクッキーポリシーをお読みください。

オンライン ヘルプ

UPS

UPSは停電の場合、NASにバックアップ電源を提供します。 UPSを使用すると、データとNASの突然の遮断やサービス停止を回避できます。

  • Network UPS(ネットワークUPS): UPSのUSBケーブルがNASに接続されているとき、ここでNASをネットワークUPSサーバー(マスターモード)として設定し、さらにそのIPアドレスを設定できます。 同じローカルエリアネットワークにある他のデバイスはスレーブモードに設定されます。 停電の場合、マスターデバイスとスレーブデバイスはただちに電力の停止を検出し、設定した時間に基づいて停止手順を開始するかどうかを決定します。

  • 安全 モード: NAS は UPS から停電の通知を受け取ると、通常の処理に従ってすべてのサービスを停止し、すべてのストレージ ボリュームをアンマウントします。[停電になった場合、電力が復帰したときに NAS を有効にして元の状態に戻す] 設定 ([設定] → [ハードウェア] → [電源]) を有効にしている場合は、NAS が安全モードでシャットダウンされると、電力が復帰したときに自動的にオンになります。

  • シャットダウン: NAS は UPS から停電の通知を受け取ると、通常のシャットダウン処理を開始します。