弊社のウェブページの改善のためにクッキーを使用しています。弊社のクッキーポリシーをお読みください。

オンライン ヘルプ

FTP サーバー

FTP サーバー設定を有効にすると、任意のFTPクライアントプログラム(FileZilla など)からNAS にアクセスできるようになります。 FTP サーバーのアクセス権は、システム (ADM) のアクセス権と同じです。 これらのアクセス権を変更または構成するには、アクセスコントロールシステムアプリにある供給フォルダ設定を使用します。


  • Unicode support(ユニコードのサポート): FTPクライアントプログラムがユニコードをサポートしている場合、このオプションを有効にしてください。

  • Enable anonymous(匿名を有効にする): このオプションを有効にすると、ユーザー名やパスワードがわからなくても、FTPクライアントプログラムでNASに匿名でアクセスできます。 セキュリティ上の理由で、これは推奨されません。

  • Enable SSL/TLS(SSL/TLSを有効にする): FTP接続の暗号化を有効にします。

  • FXPを有効にする: FXP とは、File eXchange Protocol の略です。このオプションを有効にすると、FTP サービスがサーバーからサーバーへのファイル転送機能をサポートします。

  • Maximum number of all FTP connections(すべてのFTP接続の最大数): 同時に確立できるFTP接続の最大数です。

  • Maximum number of connections per IP(IPあたりの最大接続数): IPまたはシステムごとに許可される接続の最大数です。

  • Max upload rate(最大アップロード速度): 接続当たりの最大アップロード速度です。 0は制限なしを表します。

  • Max download rate(最大ダウンロード速度): 接続当たりの最大ダウンロード速度です。 0は制限なしを表します。

  • Passive FTP(パッシブFTP): サーバーからクライアントに接続するセキュリティ上の危険を最小化するために、PASV(パッシブモード)と呼ばれる接続モードのタイプが開発されました。 クライアントプログラムが接続を開始すると、サーバーにパッシブモードをアクティブにするように通知が出ます。

  • パッシブFTP要求のための外部IPで応答: このオプションを有効にすると、サーバーは外部 IP アドレスを FTP クライアントにレポートします。このオプションは、NAS が NAT の背後にあり、FTP クライアントが NAS 以外の別のサブネットに属している場合にのみ作動します。ほとんどの場合、このオプションを設定する必要はありませんが、FTP クライアントが NAS に接続できない場合は、このオプションを使ってやり直すことができます。

パッシブ FTP について

パッシブモード FTP は、アクティブモード FTP がファイアウォールによってブロックされている場合に、その解決方法として使用できます。 パッシブ FTP により、FTP クライアントは復帰ポートを供給する Web ホストと対照的に、すべての接続をFTP サーバーに対して確立します。 ファイアウォールは、追加構成情報がなくてもパッシブ FTP への接続を許可します。