Select your language
  • バックアップと復旧
  • 容易なアクセス
  • ホームエンタテインメント
  • サーバーホスティング
  • エネルギー効率
  • ストレージ管理
  • システムとデータセキュリティ
  • ビデオ監視
  • MyArchive

    NAS ハードディスクを外出先で

    MyArchive 機能により、ハードディスクを取り外し可能なストレージアーカイブとして利用できます。必要なときにアーカイブに接続し、用が済んだら別のアーカイブに切り替えます。さまざまなデータコレクション間を切り替えるときはこの「プラグ・アンド・プレイ」が便利です。

    注: この機能は、使用しているNASによって異なることがあります。

    adm_content

    テラバイト級のデータを共有する

    あなたのマルチメディアコレクションをインターネットで友人と共有するとき、ファイル転送の遅さに耐える必要がなくなりました。友人にあなたの MyArchive ハードディスクに直接接続してもらうことで、テラバイト級のデータに瞬時にアクセスできます。

    adm_content

    N-1の自由度

    同時に設定できるMyArchiveハードディスクの数がN-1に大幅に増加されました。これは、4ベイモデル(例:AS6104T)であれば3つのMyArchiveディスクを。10ベイモデル(例:AS7010T)であれば9つのMyArchiveディスクを同時に作成できることを意味します。MyArchiveディスク内のデータにアクセスした際、他のMyArchiveディスクは休止状態を保つため、節電にも貢献します。ローカルバックアップ機能を使用する場合、異なる属性のファイルタイプを整理し、個別のMyArchiveディスクに一度にバックアップすることができます。
    また新たに追加された「エイリアス」フィールドによって、ユーザーはMyArchiveディスク用のタグを定義することができます。これにより複数のディスクが同時にマウントされている場合にも、ユーザーは迅速にADMインタフェース内からそれぞれのMyArchiveディスクを識別することができます。

    adm_content

    さらに多くのファイルシステムフォーマットをサポート

    新しくアップグレードされたMyArchiveメカニズムによって、 EXT4, NTFS, および HFS+にハードディスクをフォーマットすることが可能になりました。これはMyArchive ディスクの柔軟性と安定性を拡張する有意義な進歩です。将来MyArchive 機能を使用しなくなったとしても、削除したMyArchive ディスクは例えばeSATA/USB接続の外付けエンクロージャに使用したり、直接Windows PC (NTFS ファイルシステム)やApple Mac デバイス (HFS+ ファイルシステム)に接続することもできます。加えて、別のASUSTOR NASデバイスに新たにインストールすることも可能です。

    adm_content

    安心・安全なデータ暗号化

    MyArchiveハードディスクは新たにAES 256bit暗号化* をサポートし、最大20の信頼されたNASデバイスを自動的にマウントすることができます。復号化にはパスワード入力や復号化用の電子暗号化キーをインポートする他に、物理的な暗号化キーとしてUSBデバイスを紐付けることも可能です。

    * MyArchive暗号化機能はext4ファイルシステムのみサポートしています
    **1つのUSBデバイスが紐付けできるMyArchiveディスクの数に制限はありません

    adm_content