弊社のウェブページの改善のためにクッキーを使用しています。弊社のクッキーポリシーをお読みください。

NAS 352

RAID 移行と容量拡張(新しいHDDを追加する場合)

より高い RAID レベルにストレージボリュームを移行し、そのストレージ容量を拡張する方法について紹介します

2021-04-16

コースの目標

このコースを修了すると、下記のことができるようになります:
1. RAID移行と容量拡大の一般的理解を深める。
2. ストレージボリュームを移行し拡大する。


前提条件

受講前提条件:
NAS 251 - RAIDの概要

次の項目についての知識を持つ受講生を対象としています:
RAID


概要

1. RAID移行の概要

1.1 RAID移行と容量拡大について

2. NASを構成する

2.1 異なるRAIDレベルに移行し容量を拡大する

3. NASの容量を拡大する

3.1 既存のハードディスクをより大きなディスクに置き換える





1. RAID移行の概要

1.1 RAID移行と容量拡大について

ASUSTOR NASでは、ストレージボリュームのRAIDレベルを変更し、ハードディスクをボリュームに追加してストレージスペースを拡大することができます。 NAS Unitがオンラインになっている間は、こういったことをすべて実行できます。 現在保管されているデータが失われることはなく、移行と拡大が進行中にファイルに引き続きアクセスすることができます。
ただし、さまざまな構成間で移行と拡大に関して特定の制限があります。 ASUSTOR NASがサポートする移行と拡大の可能性の要旨については、次の表を参照してください。


注:RAID 0とJBODボリュームは、他のRAIDレベルに移行できません。データを別のストレージデバイスに移行して、新しいRAID構成をセットアップする必要があります。


既存のボリュームにディスクを追加
現在のRAIDレベル * ハードディスクの数 追加されるディスクの数 ディスクの合計数
RAID 5 * (3 ~ 15) 1 ~ 13 4 ~ 16
RAID 6 * (4 ~ 15) 1 ~ 12 5 ~ 16
RAID 10 * (4, 6, 8, 10, 12, 14) 2, 4, 6, 8, 10, 12 6, 8, 10, 12, 14, 16


RAIDレベルの移行用にディスクを追加
現在のRAIDレベル * ハードディスクの数 追加されるディスクの数 新しいRAIDレベル ディスクの合計数
シングル * 1 1 RAID 1 2
2 ~ 15 RAID 5 3 ~ 16
3 ~ 15 RAID 6 4 ~ 16
3, 5, 7, 9, 11, 13, 15 RAID 10 4, 6, 8, 10, 12, 14, 16
RAID 1 * 2 1 ~ 14 RAID 5 3 ~ 16
2 ~ 14 RAID 6 4 ~ 16
2, 4, 6, 8, 10, 12, 14 RAID 10 4, 6, 8, 10, 12, 14, 16
RAID 5 * (3 ~ 15) 1 ~ 13 RAID 6 4 ~ 16

注:The 合計ストレージスペースは、最小のディスクのサイズに基づいて計算されます。新しいディスク容量は、現在のRAIDレベルの最小ディスク容量以上である必要があります。(NAS RAID 計算機)。

使用可能な総ストレージ容量
RAID 1 もっとも小さいディスクのサイズ * 1
RAID 5 もっとも小さいディスクのサイズ * (ディスクの合計数 - 1)
RAID 6 もっとも小さいディスクのサイズ * (ディスクの合計数 - 2)
RAID 10 もっとも小さいディスクのサイズ * (ディスクの合計数 / 2)



2. NASを構成する

2.1 異なるRAIDレベルに移行し容量を拡大する

次の例では、ボリュームのセットアップウィザードを使用して既存のボリュームにストレージ容量を追加し、異なるRAIDレベルに移行するプロセスを説明します。 この例では、3台のディスクRAID 5構成から4台のディスクRAID 6構成に移行し、拡大します。
ここでは、既存のボリュームに追加する準備のできたASUSTOR NASに新しいディスクがすでに挿入されています。

注:RAIDレベルを移行する前に、まずSSDキャッシングをアンマウントしてください。


ステップ1

  • [ストレージマネージャ]を開き、[ボリューム]タブの下で[管理] [RAID]をクリックします。


ステップ2

  • ボリュームのセットアップウィザードウィンドウが表示されます。 [このボリュームをRAIDボリュームまたはそれ以上高いRAIDレベルに移行する]ラジオボタンを選択し、RAIDレベルドロップダウンリストから [RAID 6] を選択します。 [次へ]をクリックして続行します。


ステップ3

  • 既存のボリュームに追加するディスクの対応するチェックボックスを選択し、[次へ]をクリックします。


ステップ4

  • 新しいボリューム用設定の最終要約に目を通します。 完了したら、[終了]をクリックしてこれらの設定を確認します。


ステップ5

  • ボリュームが移行のプロセスにあり、ディスクが同期化中であることが分かります。これは、オリジナルの3つのハードディスクからデータの部分が新しく追加されたディスクに同期化されていることを意味します。 さらに、ボリュームはRAID 5構成からRAID 6構成に変わるため、ディスク間のデータ分布パターンも変わります。 このプロセスの間、NASでデータを読み書きすることができます。 移行の完了に必要な総時間は、ハードディスクの容量とデータの総量によって異なります。 しばらくお待ち下さい。


ステップ6

  • ボリュームの使用準備ができると、以下のような画面が表示されます。




3. NASの容量を拡大する

3.1 既存のハードディスクをより大きなディスクに置き換える

次の例では、ボリュームのセットアップウィザードを使用して既存のハードディスクをより大きな容量のディスクに置き換えることで、そのボリュームのストレージ容量を拡大するプロセスについて説明します。 ボリューム2を使用してこのプロセスを示します。

注: この機能はRAID 1、RAID 5、RAID 6、RAID 10ボリュームでのみサポートされます。

ステップ1

  • [ストレージマネージャ]を開き、[ボリューム]タブの下で[管理] [RAID]をクリックします。


ステップ2

  • ボリュームのセットアップウィザードが表示されます。 ["Volume2"の既存のディスクをそれ以上大きいディスクと交換してください]ラジオボタンを選択し、[次へ]をクリックします。


ステップ3

  • 拡大されたボリューム容量の手順に目を通し、完了したら[終了]をクリックします。


ステップ4

  • これで、最初のディスクを交換する準備が整いました。 [ステータス]フィールドに出る指示に従えば、ディスク交換プロセスを順を追って行うことができます。 最初のディスクのドライブトレイを取り出し、古いディスクを新しい大きな容量のディスクに置き換えます。


ステップ5

  • ディスクを取り出すと、[ステータス]フィールドが「劣化」に変わります。 このとき、大容量のハードディスクを同じ位置に挿入して交換することができます。


ステップ6

  • ディスクの交換が終了したら、NASにドライブトレイを戻します。 ディスクは同期化を開始します。 ディスクが同期化を終了すると、同期化に必要な時間はハードディスクの容量とハードディスクに保存されたデータ量によって異なります。 従って、単一ディスクの同期化には完了まで数時間かかります。[ステータス]フィールドに2番目のディスクの交換を開始できるという指示が表示されます。 ボリュームのすべてのディスクが交換されるまで、最初のディスクに対して行った手順に従います。


ステップ7

  • ボリュームのすべてのディスクが交換されると、[容量の拡大]ボタンが表示されます。 [容量の拡大]ボタンをクリックして、ボリューム全体の容量を拡大します。


ステップ8

  • 容量拡大が終了すると、以下のような画面が表示されます。


この説明は役に立ちましたか? はい / いいえ