弊社のウェブページの改善のためにクッキーを使用しています。弊社のクッキーポリシーをお読みください。

NAS 322

NASをVPNに接続する

VPNについて、またASUSTOR NASをVPNネットワークに接続する方法を学ぶ。

2016-04-12

コースの目標

このコースを修了すると、以下のことができるようになります。
1. VPNの基本を理解する
2. ASUSTOR NASをVPNネットワークに接続できるようになる

前提条件

コースの前提条件:
なし

次の項目についての実際上の知識を持つ受講生を対象としています。
該当なし

概要

1. VPN入門
1.1 VPNとは何か?

2. NASをVPNサーバーに接続する
2.1 PPTP経由でVPNサーバーに接続する
2.2 OpenVPN経由でVPNサーバーに接続する

1. VPN

1.1 VPNとは何か?

VPN (Virtual Private Network/仮想プライベートネットワーク) は、インターネット経由でプライベートネットワーク上のリソースに安全にアクセスするというニーズを満たすように設計されたソリューションです。 暗号化とその他のセキュリティメカニズムを利用することで、VPNはインターネット経由でコンピュータネットワーク間に安全で信頼性のあるプライベート接続を提供できます。 VPNを利用することで、企業の社員は従来のインターネット接続を介して会社のイントラネットに安全にアクセスし、(直接接続しているかのように) 利用できます。 個人ユーザーは、外出先でVPNを利用し自宅のネットワークに安全にリモートアクセスできます。

ASUSTOR NASはVPNクライアントとして機能することで、PPTPまたはOpenVPNプロトコル経由でVPNサーバーに接続し、さまざまな仮想プライベートネットワークにアクセスできるようになります。 ASUSTOR NASは複数のVPN接続プロファイルの作成に対応しているため、さまざまなVPNネットワーク間で接続を容易に切り替えることができます。


2. NASをVPNサーバーに接続する

2.1 PPTP経由でVPNサーバーに接続する

次の例では、PPTPプロトコル経由でASUSTOR NASをVPNサーバーに接続する手順を説明します。

ステップ1

  • Webブラウザを使用してADMにログインします。
  • [Settings (設定)] [VPN]を選択します。
  • [Add (追加)]ボタンをクリックします。

ステップ2

[PPTP]ラジオボタンを選択し、[Next (次へ)]をクリックします。


ステップ3

必須フィールドに入力し、完了したら[Finish (完了)]をクリックします。


注: [Advanced (詳細)]ボタンをクリックし、追加設定を行うこともできます。

[Advanced (詳細)]ボタンをクリックすると、さまざまなタイプの認証、暗号化、VPN接続を失った場合の再接続の有無を設定するオプションが与えられます。


認証については、認証時VPNクライアントのパスワード保護して、次選択肢えられます

PAP: パスワードは暗号化されません。
CHAP: パスワードはCHAPを利用して暗号化されます。
MS CHAP: パスワードはMicrosoft CHAPバージョン1を利用して暗号化されます。
MS CHAP v2: パスワードはMicrosoft CHAPバージョン2を利用して暗号化されます。

認証にMS CHAPまたはMS CHAP v2を選択した場合、暗号化に次のオプションの1つを選択できます。

No MPPE: VPN接続はいかなる暗号化メカニズムによっても保護されません。

MPPE (40/128ビット): VPN接続は40ビットまたは128ビットの暗号化メカニズムによって保護されます。

Maximum MPPE (128ビット): VPN接続は128ビットの暗号化によって暗号化されるため、最高レベルのセキュリティが保証されます。

完了したら、[OK]をクリックします。


ステップ4

前のステップで設定したVPNが設定一覧表示されます。 そのVPNが選択されていることを確認したら、[Connect (接続)]ボタンをクリックし、接続を開始します。


2.2 OpenVPN経由でVPNサーバーに接続する

次の例では、OpenVPNプロトコル経由でASUSTOR NASをVPNサーバーに接続するための手順を説明します。

ステップ1

  • Webブラウザを使用してADMにログインします。
  • [Settings (設定)] → [VPN] を選択します。
  • [Add (追加)] ボタンをクリックします。

ステップ2

[openVPN]ラジオボタンを選択し、[Next (次へ)]をクリックします。


ステップ3

必須フィールドに入力し、完了したら、[Finish (完了)]をクリックします。 [browse (閲覧)]をクリックし、OpenVPNサーバーからエクスポートされた証明書 (ca.crt) をインポートできます。


注: [Advanced (詳細)]ボタンをクリックし、追加設定を行うこともできます。

[Advanced (詳細)]ボタンをクリックすると、VPNリンクで圧縮を有効化し、すべてのクライアントトラフィックをVPNサーバー経由で送信し、VPN接続を失った場合に再接続するためのオプションが表示されます。

完了したら、[OK]をクリックします。


ステップ4

前のステップで設定したVPNが設定一覧表示されます。 そのVPNが選択されていることを確認したら、[Connect (接続)]ボタンをクリックし、接続を開始します。


この説明は役に立ちましたか? はい / いいえ