弊社のウェブページの改善のためにクッキーを使用しています。弊社のクッキーポリシーをお読みください。

NAS 321

仮想ホストで複数の Web サイトをホストする

ASUSTOR NAS で仮想ホスト機能を使用して Web サイトをホストし、DDNS サービスを使用する

2022-04-21

コースの目標

このコースを修了すると、下記のことができるようになります:

  1. 仮想ホスト機能を使用して、ASUSTOR NASでWebサイトをホストする。
  2. ASUSTOR NASのDDNSサービスを有効にする。

前提条件

受講前提条件:
なし

次の項目についての知識を持つ受講生を対象としています:
Webサイトをホストする


概要

1. 固有のホスト名を取得する

1.1 静的IPアドレスを保有する場合

1.2 動的IPアドレスを保有する場合

2. 仮想ホスト機能を使用してWebサイトをホストする

2.1 Webサーバーを有効にして、新しい仮想ホスト(Webサイト)を追加する

2.2 DDNSサービスを有効にする





1. 固有のホスト名を取得する

仮想ホストをセットアップすることで、ASUSTOR NASで複数のWebサイトをホストできます。 ただし、仮想ホストをセットアップする前に、自分専用のドメインで登録するかDDNSサービスに加入することでASUSTOR NASの固有のホスト名を取得する必要があります。



1.1 静的IPアドレスを保有する場合

静的IPアドレスを保有する場合、自分専用のドメイン名で登録する可能性がもっとも高いと思われます。 登録する会社は、固有のホスト名に対してDNSサービスを提供することができます。 会社にユーザーのIPアドレスを提供するだけで、IPアドレスにホスト名をマップできるようにしてくれます。



1.2 動的IPアドレスを保有する場合

動的IPアドレスを保有する場合、ASUSTOR NASの固有のホスト名を取得するために無料のDDNSサービスに登録することができます。 無料のDDNSサービスを提供している会社は数多くありまが、 会社に登録した後、固有のホスト名を作成してからそれを動的IPアドレスにマップすることができます。 会社は、ユーザーのホスト名に常にマップされるようにIPアドレスを定期的に更新します。

EZ-Connect サービスを有効にした後、ADM は Your_Cloud_ID.myasustor.com の DDNS サービスを有効にします。他の DDNS サービスを申請して、このドメイン名を通して NAS に接続することもできます。






2. 仮想ホスト機能を使用してWebサイトをホストする

ASUSTOR NASは、NASで複数のドメイン名をホストするために仮想ホストをサポートします。 次の例では、仮想ホスト機能を使用してWebサイトをホストするプロセスを分かりやすく説明します。



2.1 Webサーバーを有効にして、新しい仮想ホスト(Webサイト)を追加する


ステップ1

  • ADMで、[Web Center] [Webサーバー]をクリックします。
  • Web サーバーパッケージと PHP パッケージを選択します。
  • [Webサーバーポートを有効にする][保護Webサーバーポートを有効にする]を選択します。
  • [また、EZ-Connect ポートフォワーディングを有効にします]を選択し、[適用]をクリックします。


  • 設定が正しく適用されていることを確認するために、ASUSTOR NASのIPアドレスをWebブラウザに入力して接続します。以下の図で示すように、「お疲れ様でした!」ページが表示されます。


  • このページは、ASUSTOR NASの「Web」共有フォルダにあります。 ASUSTOR NASでWebサイトをホストするには、そのサイトを「Web」共有フォルダにアップロードする必要があります。

ステップ2

  • [仮想ホスト]タブをクリックしてから、[追加]ボタンをクリックします。


ステップ3

  • [仮想ホスト]ウインドウが表示されます。 必須フィールドに入力し、[OK]を1度クリックして完了します。 これでWebサイトはNASに正しくホストされました。



2.2 DDNSサービスを有効にする

DDNSサービスに加入している場合、NASと共に使用するために固有のホスト名を作成することもできます。 次の例では、NASでDDNSサービスを有効にするプロセスを分かりやすく説明します。


ステップ1

  • ADMで、[設定] [手動接続] [DDNS]をクリックします。
  • [DDNSサービスを有効にする]を選択します。
  • ドロップダウンリストからDDNSプロバイダを選択します。EZ-Connect サービスが有効になっている場合、myasustor.com DDNS サービスを使用するよう選択することができます。
  • DDNSサービスにまだサインアップしていない場合、プロバイダを選択してから[Sign up now]リンクをクリックして登録することができます。
  • 必須フィールドの残りに入力し、[適用]を1度クリックして完了します。 DDNSサービスは、NASで正しく有効にされました。

この説明は役に立ちましたか? はい / いいえ