弊社のウェブページの改善のためにクッキーを使用しています。弊社のクッキーポリシーをお読みください。

NAS 307

リングアグリゲーション、およびそれをNASでセットアップする方法の概要。

リングアグリゲーション、およびそれをNASでセットアップする方法の概要。

2016-04-12

コースの目標

このコースを修了すると、下記のことができるようになります:
1. リンクアグリゲーションとのさまざまなモードの基本的理解を深める
2. ASUSTOR NASでリンクアグリゲーションをセットアップする

前提条件

受講前提条件:
なし

次の項目についての知識を持つ受講生を対象としています:
該当なし

概要

1. リンクアグリゲーションの概要
1.1 リンクアグリゲーションって何?
1.2  リンクアグリゲーションモード

2. NASを構成する
2.1 リンクアグリゲーションをセットアップする

1. リンクアグリゲーションの概

1.1 リンクアグリゲーションって何?

リンクアグリゲーション(a.k.a.、トランキングまたはチーミング)は2つ以上のネットワーク接続を1つに結合したものです。 リンクアグリゲーションを使用するには、イーサネットケーブルが同じネットワークスイッチに接続され、ネットワークスイッチがリンクアグリゲーションをサポートする必要があります。

リンクアグリゲーションには、次の2つの主なメリットがあります。

a. 負荷分散

ネットワークのトラフィック負荷は、冗長性を通して信頼性を増すために1つの接続として現れる2つの接続に分散されます。

b. フォールトトレランス(フェールオーバー)

2つのネットワーク接続を結合すると、フォールトトレランスが得られます。 ネットワーク接続のいずれかに障害が発生すると、トラフィックは自動的に他の接続に向かいます。


1.2 リンクアグリゲーションモード

ASUSTOR NASには、さまざまなリンクアグリゲーションのモードがあります。 それぞれのモードについて、以下に短く説明します。

ラウンドロビン: 最初に使用可能な接続から次の接続へと順番にパケットを送信します。 このモードは、負荷分散およびフォールトトレランスを提供します。

アクティブバックアップ: 1つの接続のみがアクティブです。 アクティブな接続がエラーを起こした場合のみ、別の接続がアクティブになります。 スイッチを混同しないように、集合MACアドレスは1つのポート(ネットワークアダプタ)にのみ外側から見えるようになっています。 このモードは、フォールトトレランスを提供します。

XOR: デフォルトの単純な送信ハッシュポリシーに基づいて送信します。 このモードは、負荷分散およびフォールトトレランスを提供します。

ブロードキャスト: すべての接続にあらゆるものを送信します。 このモードは、フォールトトレランスを提供します。

802.3ad (IEEE 802.3adダイナミックリンクアグリゲーション): 同じ速度とデュプレックス設定を共有するアグリゲーショングループを作成します。 802.3ad仕様に従って、アクティブなアグリゲーションですべての接続を利用します。 IEEE 802.3adダイナミックリンクアグリゲーションをサポートするスイッチが必要です。 このモードは、フォールトトレランスおよび負荷分散を提供します。

アダプティブ送信負荷分散: 特別なスイッチサポートは必要ありません。 発信トラフィックは、各接続の電流負荷(速度に対して計算)に従って分散されます。 着信トラフィックは、現在の接続によって受信されます。 受信接続に障害が発生すると、別の接続が障害を発生した受信接続のMACアドレスを引き継ぎます。 このモードは、フォールトトレランスを提供します。

アダプティブ負荷分散: IPV4トラフィック用の送信負荷分散および受信負荷分散を含み、特別なスイッチサポートを必要としません。 受信負荷分散は、ARPネゴシエーションにより達成されます。 このモードは、フォールトトレランスおよび負荷分散を提供します。


一般的に言えば、リンクアグリゲーションモードにはフォールトトレランスまたは負荷分散のメリットがあります。 各モードで提供されるメリットを、以下の図表で要約します。

アグリゲーションモード

フォールトトレランス

負荷分散

ラウンドロビン

ü

ü

アクティブバックアップ

ü

û

XOR

ü

ü

ブロードキャスト

ü

û

802.3ad

ü

ü

アダプティブ送信負荷分散

ü

û

アダプティブ負荷分散

ü

ü


















2. NASを構成する

2.1 リンクアグリゲーションをセットアップする

ステップ1

[設定] → [ネットワーク]の順に選択します。 リンクアグリゲーション見出しの下で、[作成]をクリックします。


ステップ2

リンクアグリゲーションウィザードウィンドウが表示されます。 ドロップダウンリストからアグリゲーションモードを選択します。


ステップ3

ドロップダウンリストからアグリゲーションモードを選択すると、モードが提供するフォールトトレランスまたは負荷分散のメリットが表示されます。 (以下の例では、フォールトトレランスのメリットのみを提供する「アクティブバックアップ」モードを選択しました)。 アグリゲーションモードの選択が終了したら、[次へ]をクリックします。


ステップ4

[IPアドレスの自動取得]ラジオボタンを選択し、[次へ]をクリックします。 (必要に応じて、IPアドレスを手動でセットアップするように選択することもできます)


ステップ5

設定の最終要約に目を通します。 完了したら、[終了]をクリックしてこれらの設定を確認します。


ステップ6

「インターフェース」見出しの下に2つの接続が、また「アグリゲーションモード」の下にアクティブアグリゲーションモードが表示されます。


この説明は役に立ちましたか? はい / いいえ