弊社のウェブページの改善のためにクッキーを使用しています。弊社のクッキーポリシーをお読みください。

NAS 269

メールサーバーの紹介

ASUSTOR NAS でメールサーバーを設定する方法を紹介します

2021-04-27

コースの目標

このコースを修了すると、下記のことができるようになります:

ASUSTOR NAS のメールサーバーを使用してメールを送受信すること


前提条件

受講前提条件:

なし

次の項目についての知識を持つ受講生を対象としている:

メールサーバーとドメイン名


概要

1. メールサーバーの紹介

2. NASの設定

2.1 メールドメイン名の登録

2.2 DDNSサービスの有効化

2.3 メールサーバーのインストール

2.4 メールサーバーのポートフォワーディングの設定

3. メールサーバーの設定

3.1 SMTPの有効化と設定

3.1.1 複数のSMTPドメイン名の追加

3.1.2 サードパーティのSMTPリーレサーバーを介したメールの送信

3.2 IMAP/POP3の有効化と設定

3.3 セキュリティ

3.3.1 スパムフィルター

3.3.2 メールサーバーのブラックリストとホワイトリストの設定

3.3.3 アンチウイルス

3.4 メールサーバーのエイリアスの設定

3.5 キュー

3.6 メールログ

3.7 メールのバックアップ

3.8 メールサーバーのパーソナル設定

4. Thunderbirdによるメールの送受信




1. メールサーバーの紹介

ASUSTORのメールサーバーをインストールすると、ASUSTOR NASはSMTP、IMAP、POP3プロトコルをサポートし、電子メールを送受信できるメールサーバーとして使用することができます。アカウントの集中管理、電子メールのバックアップ、自動転送や自動応答などのパーソナライズされた設定の提供を行うことができます。また、ThunderbirdやOutlookなどのソフトウェアを利用して、メールの送受信や管理を行うこともできます。.



2. NASの設定

2.1 メールドメイン名の登録


STEP 1

-下記の例では、no-ip.comで専用のドメイン名を登録し、ホスト名(asustorwoody.ddns.net)を追加します。

-IPアドレスにはNASのWAN IPを入力(例:36.226.187.21)。ADMデスクトップから、[設定]>[手動接続]>[DDNS]>[ネットワークステータス]を選択して、NASの現在のWAN IPを確認することができます。



STEP 2

-下図のように、MXレコードの欄に契約したドメイン名を入力します。ドメイン名を入力後、[Update Host]をクリックします。



注1:メールサーバーがメールを送受信するためには、ドメイン名を登録するか、DDNSサービスを利用する必要があります。
注2:メールサーバーがメールを送受信するためには、ドメイン名にMXレコード(メール交換レコード)を作成する必要があります。



2.2 DDNSサービスの有効化


-ADMにログインし、デスクトップから「設定」を選択する

-[手動接続]>[DDNS]を選択する

-[DDNSサービスを有効にする]のチェックボックスにチェックを入れる




2.3 メールサーバーのインストール


STEP 1

-ADM にログインし、[App Central]を開く
-[ASUSTOR Apps]>[Mail-Server]を選択し、[インストール]ボタンをクリックする



2.4 メールサーバーのポートフォワーディングの設定


STEP 1

-[設定]>[手動接続]>[EZ-Router]>[ポートフォワーディング]>[自己定義]を選択する
-下図のサービスにポートフォワーディングを設定し、[OK]をクリックする




注3:メールサーバーの関連ポートについて、下表をご参照ください。

Mail Server Service

Default Port Number

SMTP

25

SMTP-SSL

465

POP3

110

POP3s (SSL/TLS)

995

IMAP

143

IMAPs (SSL/TLS)

993


3. メールサーバーの設定

3.1 SMTPの有効化と設定


STEP 1

-[SMTP]タブを選択して、[SMTPを有効にする]のチェックボックスを選択する

-ドメイン名(この例では asustormail.ddns.net)を入力し、[適用]をクリックする




注4:1つのメールアイテムの最大容量は50MBです。
注5:1つのメールアカウントの最大容量は100GBです。


3.1.1 複数のSMTPドメイン名の追加


STEP 1

下図のように、[ + ]ボタンをクリックします。




これで[ドメイン]ウィンドウが表示されます。[+]ボタンをクリックします。



-ドメイン名を入力し、[OK]をクリックします。この例では、asustorwoody.ddns.netと入力します。



-[ドメイン]ウィンドウに新しく追加されたドメイン名が表示されています。

-[OK]をクリックします。




3.1.2 サードパーティのSMTPリレーサーバを介したメールの送信

ほとんどのインターネットサービスプロバイダーは、不明なドメインから送信されたメールをブロックしたり、返送したりします。 自分のドメインからメールを送信できない場合は、他のSMTPサーバーを介してメールを送信する必要があります。


STEP 1

-[SMTPリレーを有効にする]チェックボックスを選択し、必要な項目を入力します

-入力後、[適用]をクリックします




3.2 IMAP/POP3の有効化と設定



-[IMAP/POP3]タブを選択し、[POP3]、[POP3(SSL/TLS)]、[IMAP]、[IMAPs(SSL/TLS)]を有効にすることができます。

[POP3]、[POP3(SSL/TLS)]、[IMAP]、[IMAPs(SSL/TLS)]を有効にすることで、すべてのメールをメールサーバーに保存したり、独自のメールソフト(Thunderbirdなど)にダウンロードすることができます。




3.3 セキュリテ

3.3.1 スパムフィルター


-スパムフィルターを有効にするには、[セキュリティ]タブを選択し、[スパムフィルターを有効にする]チェックボックスを選択します。

-[適用]ボタンをクリックします。




3.3.2 メールサーバーのブラックリストとホワイトリストの設定


STEP 1

-[セキュリティ]タブの下にある「ブラック/ホワイトリスト設定」ボタンをクリックします。





STEP 2

-[+]ボタンをクリックし、「ブラック/ホワイトリスト」を追加します。




STEP 3

-[条件]と[アクション]を設定し、[OK]ボタンをクリックします




STEP 4

-ブラック/ホワイトリストに新しく追加した条件とアクションが表示されます

-[OK]をクリックします




3.3.3 アンチウイルス


STEP 1

-アンチウイルスを有効にするには、[アンチウイルスを有効にする]チェックボックスを選択し、[適用]をクリックします。




STEP 2

-[ウイルス定義の更新]ボタンをクリックして、ウイルス定義を最新の状態にします。



注6:アンチウイルスを有効にしたい場合は、NASに搭載されているメモリが2GB以上であることを確認してください。


3.4 メールサーバーのエイリアスの設定

複数の電子メールアドレスを 1 つにまとめるために、エイリアスを作成する必要があります。ASUSTOR NAS のユーザーとグループからエイリアスのメンバーを選択できます。


STEP 1

-[エイリアス]タブを選択し、[追加]ボタンをクリックします。




STEP 2

エイリアス名を入力し、エイリアスに追加するユーザーまたはグループを選択します。完了したら[OK]をクリックします。



3.5 キュー

[キュー]タブを選択し、メールキュー内のすべてのアイテムを確認することができます。各アイテムの日付、送信者、受信者、サイズ、ステータスなどが表示されます。また、キューを検索したり、CSVファイルにエクスポートすることもできます。


3.6 メールログ

[メールログ]タブを選択し、送受信されたすべてのメールの時刻、送信者、受信者、サイズ、ステータスなどの情報を確認できます。また、メールログの検索やエクスポート(CSVファイル)も可能です。




3.7 メールのバックアップ


STEP 1

-[バックアップ]タブを選択し、[作成]ボタンをクリックします。




STEP 2

-バックアップ先のフォルダを選択して、[次へ]をクリックします。





STEP 3

-[今バックアップする]または[スケジュールバックアップ]チェックボックスを選択し、[次へ]をクリックします。




STEP 4

-設定した内容を確認して、[終了]をクリックします。




3.8 メールサーバーのパーソナル設定


・自動転送の設定

[パースナル設定]タブを選択し、[自動転送を有効にする]チェックボックスを選択し、転送先のメールアドレスを入力して、[適用]ボタンをクリックします。




・自動返信の設定


[パースナル設定]タブを選択し、[自動返信を有効にする]チェックボックスを選択し、件名とメッセージを入力して、[適用]ボタンをクリックします。





4. Thunderbirdによるメールの送受信


STEP 1

-[Email]をクリックします



STEP 2

-[Skip this and use my existing email]ボタンをクリックします




STEP 3

-お名前、メールアドレス、パスワードを入力して、[Continue]をクリックします



STEP 4

-ASUSTOR NAS のメールサーバーに接続するために[IMAP]または[POP3]のいずれかを選択し、[Done]をクリックします。



-Thunderbirdでメールの送受信ができるようになりました。



この説明は役に立ちましたか? はい / いいえ