弊社のウェブページの改善のためにクッキーを使用しています。弊社のクッキーポリシーをお読みください。

NAS 254

クラウドバックアップ

クラウドバックアップを利用し、ASUSTOR NASからAmazon S3にデータをバックアップする方法を学ぶ。

2016-04-11

コースの目標

このコースを修了すると、以下のことができるようになります:
1. クラウドバックアップの基本を理解する
2. クラウドバックアップを利用し、NASからAmazon S3に、またはその逆にデータをバックアップする。

前提条件

コースの前提条件:
なし

次の項目についての実際上の知識を持つ受講生を対象としています:
該当なし

概要

1. クラウドバックアップ入門
1.1 クラウドバックアップとは何か?

2. Amazon S3クラウドバックアップジョブを作成する
2.1 NASからAmazon S3にデータをバックアップする
2.2 Amazon S3からNASにデータをバックアップする

1. クラウバックアップ入門

1.1 クラウドバックアップとは何か?

ASUSTOR NASユーザーはクラウドバックアップを利用し、NASからAmazon S3に、またはその逆にデータをバックアップできます。 Amazon S3 (Simple Storage Service) はAmazon Web Servicesが提供するクラウドストレージサービスです。 クラウドバックアップのすぐれた機能の1つは、それを利用するとすべてのNASデータをオフサイトでバックアップできることです。 オフサイトバックアップの主な目的は、環境災害、盗難、ハードディスクまたはその他の機械の故障の場合に災害復旧できることです。 データがオフサイトですでにバックアップされていれば、災害復旧の努力は簡素化され容易になります。

Amazon S3の公式Webサイト: http://aws.amazon.com/s3/

2. Amazon S3クラウドバックアップジョブを作成する

ここでは、NASからAmazon S3に、またはその逆にデータをバックアップする方法を紹介します。 始める前に、システム時間と時間帯設定が正しいことを確認してください。 NASの時間をNTPサーバーと同期させることをお勧めします。

2.1 NASからAmazon S3にデータをバックアップする

ステップ1

ADMデスクトップから、[Backup & Restore (バックアップと復元)]を選択します。


ステップ2

[Cloud Backup (クラウドバックアップ)]を選択し、[Create (作成)]ボタンをクリックします。


ステップ3

転送モードに[Upload (アップロード)]を選択し、Amazon S3アクセスキーと秘密鍵を入力します。

完了したら、[Next (次へ)]をクリックします。


ステップ4

バックアップするファイルを選択し、[Next (次へ)]をクリックします。


ステップ5

(Amazon S3上の) バックアップ先フォルダを選択し、[Next (次へ)]をクリックします。


ステップ6

[Back up now (今すぐバックアップ)]または[Scheduled backup (定期的バックアップ)]ラジオボタンを選択し、[Next (次へ)]をクリックします。


[Scheduled backup (定期的バックアップ)]ラジオボタンを選択した場合、バックアップジョブの頻度、日付、時刻を設定できます。

ステップ7

バックアップジョブの名前を入力し、[Next (次へ)]をクリックします。


ステップ8

完了したら、バックアップジョブの設定を確認し、[Finish (完了)]をクリックします。

これでバックアップジョブは正常に作成され、指定した時間に実行されます。


2.2 Amazon S3からNASにデータをバックアップする

ステップ1

ADMデスクトップから、[Backup & Restore (バックアップと復元)]を選択します。


ステップ2

[Cloud Backup (クラウドバックアップ)]を選択し、[Create (作成)]ボタンをクリックします。


ステップ3

転送モードに[Download (ダウンロード)]を選択し、Amazon S3アクセスキーと秘密鍵を入力します。 完了したら、[Next (次へ)]をクリックします。


ステップ4

バックアップ元のフォルダを選択し、[Next (次へ)]をクリックします。


ステップ5

バックアップジョブに対してNAS上のバックアップ先フォルダを選択し、[Next (次へ)]をクリックします。


ステップ6

[Back up now (今すぐバックアップ)]または[Scheduled backup (定期的バックアップ)]ラジオボタンを選択し、[Next (次へ)]をクリックします。


[Scheduled backup (定期的バックアップ)]ラジオボタンを選択した場合、バックアップジョブの頻度、日付、時刻を設定できます。


ステップ7

バックアップジョブの名前を入力し、[Next (次へ)]をクリックします。


ステップ8

完了したら、バックアップジョブの設定を確認し、[Finish (完了)]をクリックします。

これでバックアップジョブは正常に作成され、指定した時間に実行されます。


この説明は役に立ちましたか? はい / いいえ