弊社のウェブページの改善のためにクッキーを使用しています。弊社のクッキーポリシーをお読みください。

NAS 227

AEC(ASUSTOR EZ Connect)の概要

AEC(ASUSTOR EZ Connect)の概要

2017-06-28

課程の目的
本課程を修了すると、次のことが可能になります。
1. AECを使用して、ASUSTOR NASにリモート接続する。
2. AECを使用し、ASUSTOR NASから共有フォルダをネットワークドライブとしてWindowsにマップする。
3. AECとWake On WAN機能を使用し、NASをスリープモードから起動させたり、電源を切ったりする(AS63/64シリーズでのみサポート)。
4. NAS上で他のサービスを使用する。
 
前提条件
課程の前提条件:
なし
生徒には以下の実用的な知識が必要です。
該当なし
 
概要
1. AEC(ASUSTOR EZ Connect)の概要
1.1 AECソフトウェアの概要
1.2 AECソフトウェアの入手方法
2. AECを使用したNASへのリモート接続
2.1 AECのインストール
2.2 NAS接続の作成
2.3機能の説明
2.4 NASアプリの起動
3. NAS共有フォルダのマウント
3.1機能の説明
4.  Wake On WANを使用してスリープモードまたは電源オフ状態からNASを起動する
4.1機能の説明
5.他のNASサービスの使用
5.1機能の説明
5.2 ADMウェブサービスの使用
5.3 FTPサービスの使用
5.4 SSH接続の使用



1. ASUSTOR EZ Connect(AEC)の概要
1.1 AECソフトウェアの概要
ASUSTOR EZ Connect(AEC)は、ASUSTOR NAS専用に設計されたユーティリティです(ADM 3.0以降での使用がサポートされています)。AECの導入により、NASに接続する際に複雑な設定を行う必要がなくなりました。ADMのEZ-Connect機能を有効にし、クラウドIDを設定するだけで、随時どこからでも自宅やローカルネットワーク内のNASに接続することができます。
AECの主な機能:
1. NASを操作するには、AECとクラウドIDを使用してADMインターフェイスを開きます。
2. AECユーティリティとクラウドIDを使用し、共有フォルダをネットワークドライブとしてNASからWindowsへマップします。
3. Wake On WAN機能を使用し、NASの電源をオンにします(現在はAS63/64シリーズのデバイスでのみサポート)。
4. サポートされているオペレーティングシステム:Windows Vista/7/8/10/Server 2008/2012
                                                                                                              
 
1.2 AECソフトウェアの入手方法
AECの最新バージョンをダウンロードすることができます:(http://www.asustor.com/service/downloads)
 
AECを使用する前に、ADMでEZ Connect機能およびインターネットパススルーが有効になっていることを確認してください。これらが有効になっていない場合、AECを使用してNASに接続できないことがあります。
 


 
2. AECを使用したNASへのリモート接続
2.1 AECのインストール
はじめに、ASUSTORウェブサイト(https://www.asustor.com/service/downloads)のダウンロードセクションからASUSTOR EZ Connect zipファイルをダウンロードします。ファイルを解凍し、ダブルクリックしてインストールウィザードを開始します。付属の説明書に従ってインストールを完了します。インストールに成功すると、デスクトップにASUSTOR EZ Connectのショートカットアイコンが追加されます。これをダブルクリックし、ASUSTOR EZ Connectを開きます。



2.2 NAS接続の作成
AECを実行すると、新しい接続ウィザードがただちにポップアップするため、NASへの新しいリモート接続を簡単に作成できます。新しい接続を作成するには、[開始]ボタンをクリックします。
 


 
ステップ1
接続するNASのクラウドIDを入力します。
 


 
ヒント:クラウドIDが記憶されていない場合、ADM内から[設定] > [EZ-Connect]を選択してクラウドIDを表示できます。
 
ステップ2
AECはクラウドIDを使用してNASに接続します。接続に成功すると、NASのユーザー名およびパスワードの入力を要求されます。[パスワードを保存する]チェックボックスをオンにすると、次回AECを使用した際、ADMにすばやくログインできます。
 




接続プロセス中にWindowsセキュリティ警告がポップアップする場合は、WindowsファイアウォールがAECをブロックしないよう、[アクセスを許可する]をクリックしてください。
 
接続に失敗した場合、AECはステップ1の画面で停止します。EZ-Connectおよびインターネットパススルーが有効になっていることを確認してください。また、クラウドID、ユーザー名、パスワードに誤りがないことを確認してください。
 
 


  
2.3機能の説明
NASに正常に接続すると、AECはメインインターフェイスを開きます。インターフェイスの上部にNAS接続設定とツールバーが表示されます。以下では、メインインターフェイスとメニューバーについて詳説します。



 

 
1. 各接続の小さなアイコンは、NASとの現在の接続状態を示しています。各接続状態を表すアイコンが計4個あります。インターフェイスの右上にある情報ボタンをクリックすると、各接続状態の説明と追加情報が表示されます。



 


また、AECインターフェイスは多種多様な言語をサポートしているため、AECを使い慣れた母国語で使用することができます。インターフェイス言語は、インターフェイスの右上にある設定ボタンをクリックして変更することができます。

 



2. NAS接続リスト:それぞれの接続について、AECはクラウドID、アカウントおよびNASモデルを表示します。この例では、Cloud IDは「leonyd」、アカウントは「admin」、NASモデルは「AS-302T」です。
 
正常に接続されたNASをクリックすると、ウェブブラウザとNASのADMインターフェイスが開きます。NASに接続すると、IP 127.0.0.1の末尾に使用しているWindowsポートを表す数字が表示されます。これがADMに接続するときに一般に表示される通常のIPまたはURLおよびNASポートと異なるのは、AECがすでに接続URLを変換したためです。
                            
 
AECを使用してNASに接続する場合、ADMインターフェイスを開いた後、右上隅のツールバーに追加のアイコンが表示されます。このアイコンは現在の接続モードを示しています。使用される接続モードは、NASのネットワーク環境に応じ、AECによって自動的に決定されます。接続モードはインターネットパススルーとリレーの2種類です。リレーモードを使用している場合、接続は10分後に自動的に切断され、手動で再接続する必要があります。
 



 
AECインターフェイスのボタンについては以下で詳説します。
 
1.追加
 :このボタンをクリックすると新しい接続を追加するためのウィザードが開きます。

 
 
2.ドライブのマッピング
 :この機能を使用すると、NASの共有フォルダをネットワークドライブとしてコンピュータにマップすることができます。任意のNAS接続を選択し、[ドライブのマッピング]ボタンをクリックした後、ウィザードの指示に従ってください。その後、NAS上のストレージスペースの使用は、コンピュータ上のハードドライブへのアクセスと同様に容易になります。このプロセスの詳細については、第3項を参照してください。
 
 
 
 
注:
1.この機能を使用する場合は、NAS上でSFTPサービス(ADMからサービス > SFTP > SFTPサービスを有効にするを選択)が有効になっており、関連するポート転送設定が構成されていることを確認してください(ADMから設定 > EZ-Connect > 詳細設定を選択)
 
3.編集
 :リストのNAS接続をクリックしてこのボタンをクリックすると、接続時に入力する必要があるパスワードを編集できます。また、ここでパスワードの保存機能を有効または無効にすることもできます。
 



 
 
 
 
4.再接続
 :NASに正常に接続できない場合、このボタンをクリックして再接続してください。NASがスリープモードに入った場合や、電源がオフでWake On Wan機能(AS6302TまたはAS6404Tデバイスなど)をサポートしている場合にこのボタンがに変化します 。これをクリックすると、NASを起動できます。
 

 AECを起動するたびに、AECは自動的にNASに再接続します。接続に失敗すると、赤い再接続ボタンがインターフェイスに表示されます。これをクリックすると、NASへの再接続を試行します。
 
5.マウント/アンマウント
 :NAS上のマップされた共有フォルダをクリックした後にこのボタンをクリックすると、マウントまたはアンマウントされます。
 
6.開く
 :すでに正常に接続されたNASをクリックし、次にこのボタンをクリックすると、ウェブブラウザが開き、NASのADMログイン画面に移動します。
 
 
7.ポート情報
:このボタンをクリックすると、NASサービスおよび対応するWindowsポートで使用されているポートが表示されます。また、このボタンをクリックするたびに、各サービスのステータスも更新されます。この機能の詳細な使用方法については、第5章を参照してください。
 
8.削除
:このボタンをクリックすると、設定済みのNAS接続またはマップされたネットワークドライブが削除されます。
 
AECが最新版であることを確認するには、インターフェイスの左上隅にある小さいアイコンをクリックし、[アップデートを確認する]を選択します。アップデートが利用可能な場合、AECはユーザーの許可のもとで自動的にダウンロードおよびインストールを行います。
 

 
2.4 NASアプリの起動
現在、AECを使用してADMインタフェースを開いた後に、すべてのASUSTORアプリを実行することができます。ADMのアプリアイコンをクリックすると、アプリを直接起動できます。アプリのポート転送設定を忘れた場合、ポート転送を有効にするかどうかを尋ねる通知が表示されます。OKをクリックすると、数秒後にアプリケーションを開くことができます。アプリを開くことができない場合は、AECを使用してNASに再接続してください。これでアプリを使用できるようになります。
 


LooksGoodをインストールしたNASが複数ある場合、最初に正常に接続されたNASでのみLooksGoodを実行することができます。


  


AEC接続で実行不能な場合、LooksGoodのAppアイコンは上掲のものに変更されますが、使用したいNAS接続を残してAECの他のすべてのNAS接続を削除してからNASに再接続するだけで、LooksGoodを使用することができます。

 
AECを使用してADMに接続すると、リンクの共有機能を使用してファイルやフォルダを共有することができなくなり、ファイルを右クリックした際に[共有リンクの作成]オプションが表示されなくなります。
 



                    
 
3. NAS共有フォルダのマウント
3.1機能の説明
 
ASUSTOR NASのドライブマッピング機能では、NASまたはNAS共有フォルダをネットワークドライブとしてコンピュータにマップすることができます。その後AECを開くだけで、すぐにNASに接続してコンピュータからシームレスにアクセスし、ストレージ容量を効果的に拡大できます。以下に説明する通り、NASから共有フォルダをマッピングするプロセスは非常に簡単です。
 
ステップ1
NAS接続をクリックし、[ドライブのマッピング]ボタンをクリックします。
 


ステップ2
マップしたいNAS共有フォルダを選択し、ドライブ文字と名前を指定します。また、[ユーティリティ起動時に自動マウント]チェックボックスをオンにすると、AECの起動時に共有フォルダを自動的にマウントすることができます。
 



 
ステップ3
すべての設定を完了すると、Windowsエクスプローラでマップされたネットワークドライブにアクセスできるようになります。


 
AECインターフェースからは、NAS共有フォルダーがマウントされ、ネットワークドライブとしてマップされていることも確認できます。





 
 
4. Wake On WANを使用してスリープモードまたは電源オフ状態からNASを起動する
4.1機能の説明
NASがスリープモードまたは電源オフになっており、AECを使用してNASにアクセスする場合、モデルがサポートしている限り(AS6302TまたはAS6404Tモデルなど)、Wake On WAN機能を使用してNASを起動することができます。NASのWake On WANが有効になっている限り、これを使用してNASに電源を再開させ、リモートアクセスを取得できます。
 





インターフェイスの上部または表示されたNAS接続の右にあるウェイクボタンをクリックすると、NASのリモート電源を入れることができます。NASの電源を入れた後、ADMとそのすべてのサービスが再起動するまでには少し時間を要します。AECからADMウェブインターフェイスを開けるようになるまでには少し時間がかかります。

 
5.他のNASサービスの使用
5.1機能の説明
AECは、SSH、FTP、ウェブサービス、ウェブDAVおよびADMウェブサービス用のパススルーサービスも提供します。特定のサービスのポート転送を有効にしている限り、AECは関連するNASポートをコンピュータ上の適切なWindowsポートに転送できます。またAECは、NASに接続するために使用するオリジナルIPを127.0.0.1に変更します。そのため、NAS上でサービスを使用する場合は、127.0.0.1と入力してからポート情報リストに記載されたWindowsポートを入力するだけで、関連するNASサービスを使用できるようになります。
注:ADMでポート転送が有効になっていない場合、AECのサービスでパススルーサービスを使用することはできません。[ADM] > [設定] > [EZ-Connect] > [詳細設定]に移動し、使用したいサービスのポート転送を有効にします。新しいポート転送設定は、次回AECが再起動された際に適用されます。
 
5.2 ADMウェブサービスの使用
ここでは例としてADMウェブサービス(ADMログインページ)を使用します。ポート情報ページに表示されているWindowsポートを確認すると、使用されているポートが56823(http)および56824(http)であることがわかります。あとは、ウェブブラウザのアドレスバーにhttps://127.0.0.1:56824またはhttp://127.0.0.1:56823と入力するだけで、ADMログインページを開くことができます。






5.3 FTPサービスの使用
NASでFTPサービスを使用する必要がある場合は、まず、ポート情報の下に表示されているFTPサービスのポートを確認します。FTPソフトウェアまたはウェブブラウザを使用して接続する場合は、ftp://127.0.0.1と入力し、ポート情報(この例では21)に記載されているWindowsポートを入力するだけで、NASのFTPサーバーに接続できます。







5.4 SSH接続の使用
SSHを使用してNASに接続する場合は、[ポート情報]ボタンをクリックし、関連するSSHサービス用のWindowsポートを探します。






SSH接続プログラム(パテなど)を使用し、SSHサービス用にリストされているWindowsポート(この例では55148)で127.0.0.1に接続します。




NASのユーザー名とパスワードを入力するとログインできます。

 

注:ウェブサービスやウェブDAVなど他のNASサービスも同様に使用できます。



この説明は役に立ちましたか? はい / いいえ