弊社のウェブページの改善のためにクッキーを使用しています。弊社のクッキーポリシーをお読みください。

NAS 208

WebDAV:FTPに代わる安全なファイル共有ツール

さまざまなデバイスを使用してWebDAV経由でNASに接続する

2022-02-17

コースの目標

このコースを修了すると、下記のことができるようになります:

  1. WebDAVの基本的理解を深める。
  2. WebDAV経由でASUSTOR NASに接続する。

前提条件

受講前提条件:
なし

次の項目についての知識を持つ受講生を対象としています:
該当なし


概要

1. WebDAVの概要

2. WebDAVサービスを有効にする

3. WebDAV経由で接続する

3.1 Windows 10を使用して接続する

3.2 macOS (10.4以上)を使用して接続する

3.3 Linuxを使用して接続する

3.4 モバイルデバイスを使用して接続する

4. WebDAV によるリモート HTTPS 接続





1. WebDAVの概要

WebDAVはweb-based distributed authoring and versioning (Webベース分散型オーサリングとバージョニング)の短縮語です。 これは1セットのHTTP(S)プロトコルの拡張子で、Webサーバーを標準のネットワークドライブとして表示することができます。 WebDAVを有効にすると、HTTPまたはHTTPSプロトコル経由でASUSTOR NASにリモートでのアクセスが可能です。 これらのオペレーティングシステムの1つからASUSTOR NASの1つ以上の共有フォルダにネットワークドライブ(Webフォルダ)をマップ/マウントできます。

以下の例では、NAS で WebDAV サービスを有効にする方法と、さまざまな異なるデバイスで WebDAV を介して NAS に接続する方法について説明します。




2. WebDAVサービスを有効にする


ステップ1

  • Webブラウザを使用してADMにログインします。
  • [サービス] [WebDAV]の順に選択します。
  • [WebDAVサービスを有効にする]または[保護WebDAVサービスを有効にする (SSL)]チェックボックスを選択し、[適用]をクリックします。




3. WebDAV経由で接続する


3.1 Windows 10を使用して接続する

Windows 10 はデフォルトで HTTPS WebDAV 接続のみを許可しています。HTTP 接続を使用したい場合は、WebDAV への HTTP 接続を使用できるようにする前に、まず Windows 10 の WebClient のセキュリティレベルを下げる必要があります。


ステップ1

  • Windows 10で、[タスクバー]の[検索]をクリックします。
  • 「regedit」 と入力すると、ここに [レジストリエディタ] が表示されます。
  • [開く]をクリックします。


  • レジストリエディタが表示されます。 左側のパネルで、
    にナビゲートします。
  • [BasicAuthLevel]をダブルクリックします。
  • [値データ]フィールドで、数字を 「2」 に変更し [OK]をクリックします。


ステップ2

  • 設定変更後、WebClientを再起動する必要があります。
  • Windows 10で、[タスクバー]の[検索]をクリックします。
  • 「cmd」 と入力すると、ここに [コマンド・プロンプト] が表示されます。
  • [管理者として実行]をクリックします。


  • [net stop webclient]と入力し、WebClient サービスを停止します。
  • 再度、[net start webclient]と入力し、WebClientサービスを再起動します。


ステップ3

  • Windowsエクスプローラを開き、[このPC]を右クリックして[ネットワークドライブのマップ]を選択します。


ステップ4

  • [ネットワークドライブのマップ]ダイアログボックスが表示されます。[http://NAS_IP:WebDav_port] を入力し、[完了] をクリックします。(WebDAV HTTPポートのデフォルトは9800)


ステップ5

  • NASユーザー名とパスワードを入力し、[OK]をクリックします。


ステップ6

  • 完了したら、[このPC]の下に新しいネットワークの場所が表示されます。NASの共有フォルダには、ログインアカウントの権限でアクセスできます。



3.2 macOS (10.4以上)を使用して接続する


ステップ1

  • [ファインダー] [行く] [サーバーに接続する]の順に選択します。


  • [サーバーアドレス]フィールドに接続するURLを次の形式「http://NAS_IP:WebDav_port/WebDav_folder」で入力し、[接続]をクリックします。

例、もし:
NAS IP:172.16.1.206
WebDAVポート:9800
接続先のフォルダ:Download

以下を入力:http://172.16.1.206:9800/Download
フォルダ名は大文字と小文字を区別します。



ステップ2

  • ユーザー名とパスワードを入力し、[接続]をクリックします。


ステップ3

  • これで、ファイルとフォルダにアクセスできるようになります。


注: 左側のパネルの[共有]の下でWebDAV接続用マウントポイントを検索して、それをログインアイテムの1つにすることもできます。




3.3 Linuxを使用して接続する


Ubuntu 20.04.3 LTS Desktop版でWebDAVを使用してNASデータにアクセスするには、NAS 109:LinuxでNASにアクセスするを参照してください。



3.4 モバイルデバイスを使用して接続する

この例では、iPadを使用してWebDAV経由でNASに接続するプロセスを示します。 「WebDAV Nav」と呼ばれる、AppleのApp Storeからダウンロード可能なWebDAVクライアントを使用します。

注:Android端末のGoogle Playで「WebDAV」を検索し、目的のアプリをインストールする。アプリにNASのIP、WebDAVポートを指定してWebDAVサーバーを追加し、NASの管理者アカウントでサインインすると、AndroidデバイスからWebDAV経由でNASの共有フォルダにアクセスできるようになるはずです。


ステップ1

  • WebDAV Navを開き、右上の[+] アイコンをクリックします。


ステップ2

  • 接続情報を入力し、[保存]をクリックします。

注: WebDAVフォルダの場所を[Server URL] フィールドに次の形式で入力してください「http://NAS_IP:WebDav_port/WebDav_folder」
例、もし:
NAS IP:172.16.1.206
WebDAVポート:9800
接続先のフォルダ:Download

以下を入力:http://172.16.1.250:9800/Download



ステップ3

  • 接続用の名前をクリックし、それに接続します。


ステップ4

  • NASからファイルにアクセスできるようになりました。




4. WebDAV によるリモート HTTPS 接続


WebDAV リモート HTTPS 接続を有効にするために、以下の設定が完了していることを確認してください。

  • ADM で HTTPS 接続を有効にします。
  • NAS 324:HTTPSを使用してNAS通信を保護するを参照して、有効なSSL証明書を設定してください。
  • [サービス] [WebDAV]を選択し、[保護WebDAVサービスを有効にする (SSL)] と [また、EZ-Connect ポートフォワーディングを有効にします]を選択します。


  • NASのWebDAVに接続する場合は、接続先URLを [https://ddns_of_NAS:WebDAV_https_port]に変更してください。(デフォルトのWebDAV HTTPS Portは9802です)

この説明は役に立ちましたか? はい / いいえ