弊社のウェブページの改善のためにクッキーを使用しています。弊社のクッキーポリシーをお読みください。

NAS 160

exFAT ストレージデバイスの使用

ASUSTOR NAS で exFATストレージデバイスにアクセスする方法

2021-12-09

コースの目標

このコースを修了すると、下記のことができるようになります:

  1. ASUSTOR NAS から exFAT ストレージデバイスにアクセスします。
  2. ASUSTOR NAS で exFAT ストレージデバイスをフォーマットする。

前提条件

受講前提条件:
なし

次の項目についての知識を持つ受講生を対象としています:
該当なし


概要

1. exFAT の紹介

2. exFATストレージデバイスへのアクセスとフォーマット

2.1 exFATストレージデバイスのフォーマット

3. exFATドライバを有効にして (ADM 3.5 および以前のバージョン)

3.1 exFATドライバアプリケーションの取得

3.2 exFATドライバのデジタルライセンスキーの購入

3.3 exFATドライバを有効にしてNASをバインドする

3.4 バインド解除とライセンス転送





1. exFAT の紹介

データをハードディスクまたはフラッシュドライブに保存するには、まずディスクをフォーマットし、使用するファイルシステムを選択する必要があります。ファイルシステムごとに異なる制限があり、サポートされる単一ファイルの最大サイズは、ファイルシステムとストレージデバイスがアクセスできるオペレーティングシステムによって異なります。一般的なファイルシステムには、FAT32、exFAT、NTFS、EXT4、HFS+、Btrfsがあります。

exFATは大容量外部ストレージデバイス用のMicrosoftのアーカイブシステムです。フラッシュドライブで長年使われてきたFAT32では、4GBを超えるファイルは保存できません。 exFATはこの1つのファイルサイズ制限を超えることができ、フラッシュドライブやメモリカードなどの64GB以上の外部記憶装置も完全にサポートしています。その結果、多くの市販の大容量フラッシュドライブとメモリカードがexFATとしてフォーマットされています。

exFATファイルシステムは所有権のあるソフトウェアであり、商用利用にはMicrosoftによるソフトウェアライセンスが必要となります。

なぜADM3.5ではexFATライセンスが必要ですが、ADM4.0ではexFATライセンスが必要ないでしょうか?





2. exFATストレージデバイスへのアクセスとフォーマット

注:ADM 3.5以前のバージョンをお使いの場合は、exFATライセンスが 必要です。exFATドライバのインストールについては、こちらを参照してください。

ADM 4.0では、追加設定なしでexFATストレージデバイスにアクセスできます。


  • 外部機器:


  • ADMファイルエクスプローラ:



2.1 exFATストレージデバイスのフォーマット

外部exFATデバイスの読み書きに加えて、ストレージデバイスまたは外部デバイスを使用し、exFATでフォーマットすることもできます。Windows、macOSとLinuxにはexFATファイルシステムのサポートが組み込まれているため、exFAT形式のドライブはクロスプラットフォームを使用する方が便利です。


ステップ1

  • [外部機器] [ディスク]を選択する。
  • ハードドライブを選択し、[形式]をクリックする。


ステップ2

  • [exFAT]を選択して [OK] をクリックします。


ASUSTOR独自のMyArchiveハードディスク機能は、EXT4、HFS+、NTFSおよびBtrfsの使用に加えて、exFATをサポートし、より便利な選択肢を提供します。NAS 255:MyArchiveの実行方法を参照してください。





3. exFATドライバを有効にして (ADM 3.5 および以前のバージョン)

ADM4.0ではexFATが無償で使用するようになりますた、exFATドライバアプリケーションとライセンスは必要なくなりました。



3.1 exFATドライバアプリケーションの取得


ステップ1

  • ADMにサインインします。その後、[App Central]をクリックし、[ASUSTOR Apps]をクリックします。exFATドライバを選択します。[インストール]をクリックします。


ステップ2

  • exFATドライバがインストールされたら、ADMのフロントページに戻ります。exFATドライバアイコンが表示されます。exFATドライバアイコンをクリックして、アプリケーションを開きます。
  • exFATドライバアプリケーションは正しく機能するためには購入が必要なので、インストールだけではexFATストレージデバイスを使用することはできません。



3.2 exFATドライバのデジタルライセンスキーの購入

ADM 3.5以前のバージョンをお使いの場合は、exFATライセンスが必要です。



購入後、https://license.asustor.com/ で exFAT のライセンスを取得してください。認証コードは大切に保管してください。その後、認証コードを使用してexFATドライバのロックを解除し、NASにキーをバインドする方法について説明します。




3.3 exFATドライバを有効にしてNASをバインドする

  • exFATドライバアプリを開き、認証キーを入力して、[バインド]ボタンを押してください。
  • ADMは、認証キーが正しいかどうかを確認し、そのキーをNASにバインドします。
  • キーをNASに正常にバインドしたら、追加設定を行うことなく、exFATデバイスの使用、読み取り、書き込み、フォーマットをすぐに開始できます。

注:認証キーを確認するときは、インターネットへの接続を維持してください。ソフトウェアライセンスキーの購入は、ASUSTOR NASが使用するのと同じ時間にのみ可能ですが、他のバインド解除したASUSTOR NASに転送することもできます。




exFATドライバを有効にできなかった場合、exFATディスクはADMのファイルマネージャでマウント解除されたものとして表示されます。ディスクの内容を見ることができず、データの読み書きができなくなります。




3.4 バインド解除とライセンス転送

購入したexFATドライバ認証キーは、一度に1つのNASでのみ使用できますが、必要に応じて新しいNASまたは別のNASにキーを転送することができます。新しいNASに転送する前に、まず最初のNASからキーをバインド解除する必要があります。

バインド解除は非常に簡単です。旧NASの元の認証キーをexFATドライバアプリケーションに入力し、[バインド解除]を押してください。



バインド解除後、このNASはexFATストレージデバイスにアクセスできなくなります。同時に複数のデバイスでexFATをサポートする必要がある場合は、ASUSTOR NASごとにexFATライセンスを購入してください。



認証キーが最初のNASからバウンド解除されている場合は、2番目のNASにキーを入力し、[バインド]を押してください。

購入した認証キーを紛失した場合、または、NASが損傷して起動できない場合、exFATライセンスを譲渡することはできません。この問題が発生した場合は、ASUSTORサポートセンターにご連絡ください。

この説明は役に立ちましたか? はい / いいえ