弊社のウェブページの改善のためにクッキーを使用しています。弊社のクッキーポリシーをお読みください。

NAS 109

Linuxを使用して、CIFS/SAMBA、FTP、NFS、WebDAV、SSH経由でNASのファイルにアクセスする方法を学ぶ。

Linuxを使用して、CIFS/SAMBA、FTP、NFS、WebDAV、SSH経由でNASのファイルにアクセスする方法を学ぶ。

2016-05-13

コースの目標


このコースを修了すると、下記のことができるようになります:

1. Linuxを使用して、CIFS/SAMBAFTPNFSWebDAVSSH経由でNASのファイルにアクセスする

前提条件

受講前提条件:
なし

次の項目についての知識を持つ受講生を対象としています:
Linux

概要

1. NASを構成する
1.1 CIFS/SAMBAサービスを有効にする
1.2 FTPサーバーを有効にする
1.3 NFSサービスを有効にする
1.4 WebDAVサービスを有効にする
1.5 SSHサービスを有効にする

2. Linuxを構成する
2.1 SAMBA経由で接続する
2.2 FTP経由で接続する
2.3 NFS経由で接続する
2.4 WebDAV経由で接続する
2.5 SSH経由で接続する

1. NASを構成する

1.1 CIFS/SAMBAサービスを有効にする

ステップ1

  • Webブラウザを使用してADMにログインします。
  • [サービス] → [Windows]の順に選択します。
  • [Windowsファイルサービス(CIFS/SAMBA)を有効にする]チェックボックスを選択し、[適用]をクリックします。

1.2 FTPサーバーを有効にする

ステップ1

  • [サービス] [FTPサーバー]の順に選択します。
  • [FTPサーバーを有効にする]チェックボックスを選択して[適用]をクリックします。

1.3 NFSサービスを有効にする

ステップ1

  • [サービス] [NFS]の順に選択します。
  • [NFSサービスを有効にする]チェックボックスを選択して[適用]をクリックします。
  • 表示されたリンクをクリックしてNFS権限を構成します。

ステップ2

共有フォルダセクションが見えるようになります。 フォルダ(この例では、「Public)を選択し、[アクセス権]ボタンをクリックします。 [NFS権限]タブをクリックします。


ステップ3

NFS経由でアクセスできるIPアドレスを追加するには、[追加]ボタンをクリックします。 終了したら、[OK]をクリックします。


1.4 WebDAVサービスを有効にする

ステップ1

  • [サービス] [WebDAV]の順に選択します。
  • [WebDAVサービスを有効にする]または[保護WebDAVサービス(SSL)を有効にする]チェックボックスを選択して、[適用]をクリックします。

1.5 SSHサービスを有効にする

ステップ1

  • [サービス] [端末]の順に選択します。
  • [SSHサービスを有効にする][SFTPサービスを有効にする] チェックボックスを選択し、[適用]をクリックします。

2. Linuxを構成する

(例として、Ubuntu 12.04 Desktopを使用します)

2.1 SAMBA経由で接続する

ステップ1

ホームフォルダを開き、[表示] → [位置…]の順に選択します。


ステップ2

[移動:]フィールドに、NASSAMBA位置(: smb://192.168.1.103)を入力し、キーボードの[Enter] を押します。


ステップ3

正しく接続すると、以下のような画面が表示されます。 例として、[Public]をクリックします。


ステップ4

[Public]をクリックすると、フォルダのコンテンツが表示され、左側のパネルにマウントされていたことが分かります。


2.2 FTP経由で接続する

ステップ1

ホームフォルダを開き、[表示] → [位置…]の順に選択します。


ステップ2

[移動:]フィールドに、NASFTP位置(: ftp://192.168.1.103)を入力し、キーボードの[Enter] を押します。


ステップ3

FTPユーザー名とパスワードを入力し、[接続]をクリックします。


ステップ4

接続する別の方法は、[ファイル] → [サーバーに接続する…]を選択することです。


ステップ5

必須フィールドに必要事項を記入し、[接続]をクリックします。


ステップ6

正しく接続すると、以下のような画面が表示されます。 上部のパネルおよび左側のパネルの[ネットワーク]の下に、[192.168.1.103 (NASの位置)]の管理としてFTP]が表示されます。


2.3 NFS経由で接続する

ステップ1

Linuxコマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します:
mount -t nfs:/


例えば、NASのIPアドレスが192.168.1.104である場合、「Public」ネットワークドライブをLinuxの/mnt/pubディレクトリにマウントし、次のコマンドを入力します。

mount -t nfs 192.168.1.104:/volume1/Public  /mnt/pub


: ネットワークドライブをマウントするには、ルートアカウントを使用してログインする必要があります。


2.4 WebDAV経由で接続する
ステップ1

[ファイル] → [サーバーに接続する…]を選択します。


ステップ2

[サーバーに接続する]ダイアログボックスが表示されます。 必須フィールドに必要事項を記入し、[接続]をクリックします。 [タイプ]フィールドで、[WebDAV (HTTP)]を選択していることを確認します。


ステップ3

正しく接続すると、以下のような画面が表示されます。 [Web]フォルダが位置ABにマウントされていることが分かります。


: フォルダをマウント解除すると、アイコンをクリックできます。

2.5 SSH経由で接続する
ステップ1

[ファイル] → [サーバーに接続する…]を選択します。


ステップ2

[サーバーに接続する]ダイアログボックスが表示されます。 必須フィールドに必要事項を記入し、[接続]をクリックします。 [タイプ]フィールドで、[SSH]を選択していることを確認します。


ステップ3

正しく接続すると、以下のような画面が表示されます。 フォルダが位置CDにマウントされていることが分かります。


この説明は役に立ちましたか? はい / いいえ