弊社のウェブページの改善のためにクッキーを使用しています。弊社のクッキーポリシーをお読みください。

NAS 344

CIFSフォルダの作成方法

個人及び共有CIFSフォルダを、別のNAS、Windows及びMacからNASにマウントします。

2020-04-09

コース目標

このコースを修了すると、下記のことができるようになります:

パーソナルおよび共有 CIFS フォルダを別の NAS、Windows および Mac PC からお使いの NAS にマウントすること。


前提条件

受講前提条件:

なし

次の項目についての知識を持つ受講生を対象としています:

該当なし


概要

1. CIFS フォルダのマウント(NAS から別の NAS へのフォルダのマウント

1.1 個人 CIFS フォルダのマウント

1.2 共有 CIFS フォルダのマウント

2. CIFS フォルダのマウント(Mac から NAS へのフォルダのマウント)

3. CIFS フォルダのマウント(Windows から NAS へのフォルダのマウント)

4. 共有 CIFS フォルダの編集

4.1 共有 CIFS フォルダの編集

4.2 共有 CIFS フォルダのアクセス権の編集

4.3 共有 CIFS フォルダーのアンマウント

4.4 共有 CIFS フォルダへの再接続


1. CIFS フォルダのマウント(NAS から別の NAS へのフォルダのマウント)

パーソナル CIFS フォルダをマウントすることで、別の NAS から特定のフォルダを取り出し、それを自分のファイルディレクトリにマウントすることができます。フォルダをマウントしたユーザーしかそのフォルダを表示できません。


1.1 個人 CIFS フォルダのマウント

STEP 1
ADM デスクトップから [ファイルエクスプローラ] を選択します。




STEP 2

下図のようにアイコンをクリックし、「個人 CIFS フォルダーをマウントする」を選択します。




STEP 3

[リモートフォルダ] にアドレスを入力し、[名前] と [パスワード] を入力したら、[OK] をクリックします。





  • [システム起動時に自動マウント] :チェックを入れると、システムの再起動時にフォルダは自動的にマウントされます。チェックを入れてない場合、システムの再起動時にフォルダはアンマウントされます。



STEP 4

[ファイルエクスプローラ] → [CIFS フォルダー] → マウントしたフォルダを選択して、そのフォルダのファイルにアクセスできることを確認します。




1.2 共有 CIFS フォルダのマウント

STEP 1

ADM デスクトップから [ファイルエクスプローラ] をクリックします。下図のようにアイコンをクリックし、[共有 CIFS フォルダーをマウントする] を選択します。

注:共有 CIFS フォルダをマウントする事と、共有 CIFS フォルダへのアクセス権を設定する事ができるのは admin アカウントのみです。




STEP 2

[マウント] をクリックします。




STEP 3

[名前]、[リモートフォルダー]、[ユーザー名]、[パスワード]を入力して、[次へ] をクリックします。





  • [システム起動時に自動マウント]:チェックを入れると、システムの再起動時にフォルダは自動的にマウントされます。チェックを入れてない場合、システムの再起動時にフォルダはアンマウントされます。
  • [ユーザー名] と [パスワード]:マウントするリモートフォルダーのユーザー名とパスワード。



STEP 4
共有フォルダのアクセス権を選択し、[次へ]をクリックします。




STEP 5

設定内容を確認し、[完了] をクリックします。




STEP 6
[ファイルエクスプローラ] → [CIFS フォルダー] → マウントしたフォルダを選択して、そのフォルダのファイルにアクセスできることを確認します。




2. CIFS フォルダのマウント(Mac から NAS へのフォルダのマウント)

STEP 1

Mac のフォルダを共有フォルダとして設定するには、[システム環境設定] → [共有] を選択します。




STEP 2

[ファイル共有]にチェックを入れて、[+]ボタンをクリックします。




STEP 3

マウントするフォルダを選択し、[追加]をクリックします。




STEP 4
[オプション...] をクリックします。



STEP 5

[入] チェックボックスにチェックを入れて、NAS にフォルダをマウントするためのパスワードを入力して、[完了] をクリックします。



STEP 6

これで、個人フォルダをと共有フォルダをマウントすることができるようになりました。


個人フォルダをマウントする場合は、

1.1 個人 CIFS フォルダのマウントをご参照ください。

正常にマウントされた個人 CIFS フォルダは、下図のようになります。




共有フォルダをマウントする場合は、

1.2 共有 CIFS フォルダのマウントをご参照ください。

正常にマウントされた共有 CIFS フォルダは、下図のようになります。




3. CIFS フォルダのマウント(Windows から NAS へのフォルダのマウント)


STEP 1
Windows で共有フォルダを作成するには、まずフォルダを右クリックし、 [プロパティ] を選択します。



STEP 2

[共有」タブから [共有...] ボタンをクリックします。ドロップダウンメニューから [Everyone] を選択し、[追加] ボタンをクリックします。[アクセス許可のレベル] を [読み取り] または [読み取り/書き込み] に設定します。完了したら、[共有] ボタンをクリックします。




STEP 3

フォルダーが共有されました。



STEP 4

これで、個人フォルダをと共有フォルダをマウントすることができるようになりました。


個人フォルダをマウントする場合は、

1.1 個人 CIFS フォルダのマウントをご参照ください。

正常にマウントされた個人 CIFS フォルダは、下図のようになります。




共有フォルダをマウントする場合は、

1.2 共有 CIFS フォルダのマウントをご参照ください。

正常にマウントされた共有 CIFS フォルダは、下図のようになります。




4.共有 CIFS フォルダの編集

4.1共有 CIFS フォルダの編集

共有 CIFS フォルダの設定を編集するには、ADM デスクトップから [アクセスコントロール] → [共有フォルダ] → [CIFSフォルダー] → [編集] を選択します。




注:共有フォルダが接続している状態では、ユーザー名とパスワードを変更できません。変更するなら、フォルダの接続を切断してください。


4.2 共有 CIFS フォルダのアクセス権の編集

共有 CIFS フォルダのアクセス権を編集するには、ADM デスクトップから [アクセスコントロール]  → [共有フォルダ] → [CIFS フォルダー] → [アクセス権] を選択します。



4.3 共有 CIFS フォルダーのアンマウント

共有 CIFS フォルダをアンマウントするには、ADM デスクトップから [アクセスコントロール] [共有フォルダ] [CIFS フォルダ] [マウント解除] [OK] を選択します。




4.4 共有 CIFS フォルダへの再接続

共有 CIFS フォルダをアンマウントするには、ADM デスクトップから [アクセスコントロール] [共有フォルダ] [CIFS フォルダ] [再接続] を選択します。




注:[再接続]ボタンは、切断されたフォルダを選択した場合にのみ使用可能。接続されているフォルダを選択した場合には使用できません。


この説明は役に立ちましたか? はい / いいえ